100gの大豆から作った豆乳とおからです。

豆乳とおから

豆乳は苦手でしたが、大豆から作ってみたらおいしく飲めました。

これまでは青臭い感じが好きになれずに、ほとんど飲まなかったのですが、おからが食べたくて、大豆から作ってみました。

目的はおからでしたが、副産物の豆乳もおそるおそる飲んでみたら、初めておいしいと思いました。もちろん、おからもおいしいです。

大豆から作るおから

作るのは思った以上に簡単で、特別な器具もいりません。

大豆を一晩水に浸して、ミキサーで砕き、煮て絞るだけで出来上がりです。

大豆浸漬

ただ、砕いた大豆を煮る時に、ぶくぶくとたくさん泡が出るのと、焦げやすいので注意が必要です。噴きこぼれないように深めの大き目な鍋を使い、ヘラでかき混ぜながら作ると上手にできます。

煮呉

豆乳&おからの作り方(豆乳2カップ、おから100g強)

材料

  • 大豆       100g
  • 水          2カップ(400cc)

手順

  1. 大豆を軽く洗い、たっぷりの水(分量外)に一晩つける。水温にもよるが、大体8時間~12時間ぐらい水に漬けると楕円形でふっくらする。
  2. ミキサーに大豆と水を入れ、滑らかになるまで撹拌する。
  3. ミキサーから大き目の鍋に移して10分ほど煮る。泡が出るので噴きこぼれないように、また、焦げないように、ヘラでよく混ぜながら弱火で煮る。
  4. さらしなどの布で3を絞り、豆乳とおからに分ける。

※布は日本手ぬぐいをふたつに折り、袋状に縫い合わせたものを使っています。これぐらいの量ならちょうどよい大きさです。

Visit Naturals’s profile on Pinterest.