青唐辛子の調味料の第2弾として豆板醤を作りました。

自家製豆板醤

乾燥させておいた空豆を、1日水につけて戻して使います。戻した空豆、赤唐辛子、青唐辛子、実山椒、水、酒、塩、砂糖を鍋にすべて入れて2、30煮るとそら豆が柔らかくなります。

自家製豆板醤

鍋の中身の粗熱が取れ、人肌ぐらいまで冷めたら、ミキサーでペースト状にします。

自家製豆板醤

米麹を加えてよくまぜ、瓶詰めして、空気が通るように穴をあけたラップで覆い、常温で10日ほど置きます。その後、冷蔵保存します。

今回は750ml瓶と500ml瓶の2つに丁度収まりました。

唐辛子は全部鷹の爪を使っています。結構入れますが、1年経つと、かなりマイルドになります。

半年ほど経ったら一応完成ですが、1年経過するともっと美味しくなります。さらに1年経つとより美味しくなります。

その先まではいつも食べて無くなってしまうので未体験ゾーンです。

今回の豆板醤は3年物にしたいです。

自家製豆板醤 今回の材料 (約1200cc分)

  • 乾燥空豆 90g
  • 赤唐辛子 70g
  • 青唐辛子 50g
  • 実山椒 3g
  • 水 1200cc
  • 酒 カップ1弱
  • 塩 カップ1/3強
  • 砂糖 カップ1/4強
  • 米麹 75g

Visit Naturals’s profile on Pinterest.