苦いから美味しい ゴーヤチャンプルー

ゴーヤを食べると、元気になった気がします。

ゴーヤはいつもゴーヤチャンプルーにして食べます。

苦みを取り除く方法を見つけたので、その情報をもとに塩と砂糖で混ぜ置いた後に炒めたら、まったく苦くありません。

料理としてはおいしいですが、これなら、ゴーヤじゃなくてもいいかなと気が付き、そう思うと、物足りない味に感じてきました。

そこで、潔く、特段、何の処理もせず、切ったら炒めるだけのゴーヤチャンプルーを作りました。

美味しいです。苦みがあるからこそ、ゴーヤチャンプルーはおいしいのだとしみじみ思いました。

でも…

以前のゴーヤはもっと苦く、口いっぱいにゴーヤをほおばるなんて芸当はとても無理だったような。

少し苦いなどという程度ではなく、強烈に苦いという記憶があります。

品種かもと思い、少し調べたら、やはり品種改良されていて、また、産地によっても苦みの違いなど、色々あるようです。

品種や産地を選んで買うのも面倒なので、強烈に苦いゴーヤにあたるリスクはありますが、いつものスーパーでいつもの形のゴーヤを買うことにしました。

ゴーヤチャンプルー

レシピ作者: naturals
できあがり分量

2

人前
調理時間

30

何の変哲もない普通のゴーヤチャンプルーです。でも、沖縄で食べたものとおなじような味がします。

材料

  • ゴーヤ:1/2本

  • 豚バラ:150g

  • 木綿豆腐:1/2丁

  • 卵:1個

  • 醤油:小さじ2

  • 塩・胡椒

作り方

  • 豚肉は一口大、ゴーヤは薄くスライスし、卵は塩一つまみを加えて溶いておく。
  • 豆腐は水切りして、適当に切り、油で両面きつね色になるまで焼き、ボウルに取り置く。
  • 豚肉を炒め、色が変わったらゴーヤを加え、ゴーヤが透き通ってきたら豆腐(豆腐から出た水分は捨てる)を戻し、塩、胡椒をする。
  • 卵を回しかけてしばらく置き、卵に火が通ったらふんわり混ぜて、醤油で味付けする。

おいしく作るには

  • 豆腐を炒め戻すときに、豆腐から出た水分は入れないのがポイントです。

コメントを残す