日本のカレーと本格的なインドカレーの中間ぐらいのチキンカレーです。

カレーDSC_0163

馴染みあるハーブやスパイスを使ってカレー粉を作りたいと思っていました。

かなり昔に本を見てカレー粉を作ったのですが、手間をかけた割には市販のカレー粉と同じ味。

それ以来、カレー粉は市販品で済ませていたのですが、もう一度、本を参考にカレー粉を作ってみました。

独特の風味があり、明らかに市販のカレー粉とは違います。気に入って何度も作っています。

味付けのベースとなる玉ねぎやトマトなど、菜園で収穫して、炒めたり、煮たりして冷凍保存しておいたものを使います。

スープも野菜くずを煮だしたベジブロスを使います。

これだけで、滋味豊かな味わいになります。

菜園のエキスがたっぷり詰まったカレーです。

完成から一日置いて食べると美味しいのですが、刺激的な香りに抵抗できず、いつも作った当日に食べてしまいます。

カレー粉 レシピ(粉末にしたスパイスを混ぜるだけです)

  • クミン      8g
  • ジンジャー    8g
  • コリアンダー   6g
  • ターメリック   4g
  • シナモン     4g
  • 赤唐辛子     5g
  • 黒コショウ    2g
  • クローブ     1g
  • ローリエ     1g

スパイシーカレー レシピ

材料

  • 胸肉                                   1枚
  • しめじ                               1袋
  • えりんぎ                            2本
  • 玉ねぎ                               2個(*1)
  • トマトピューレ                 大さじ3(*2)
  • にんにく                            2片
  • 生姜                                   1片
  • カレー粉                            大さじ2
  • 砂糖                                   小さじ1
  • 塩                                      小さじ1.5
  • ベジブロス/水                 1カップ(*3)
  • コンソメ                            適宜
  • 白ワイン                            大さじ3
  • オリーブオイル                 大さじ2

手順

  1. 玉ねぎ、にんにく、生姜はみじん切り、鶏肉、きのこ類は適当な大きさに切る。
  2. 鍋にオリーブオイルをしき、にんにくと生姜を弱火で炒める。
  3. 玉ねぎを加え色が変わるまで炒め、塩小さじ1を加える。
    この工程に作り置きの飴色玉ねぎを使うと、ぐっと時間短縮でき便利です(*1)。
  4. カレー粉大さじ1.5を加えて焦げないように混ぜる。
  5. 白ワイン、ベジブロス、トマトピューレ、塩小さじ1/2、砂糖を加えて煮立たせる。
    ベジブロスの代わりに水とコンソメでもよい(*3)。
    自家製のトマトピューレを使う時には砂糖は使いません(*2)。
  6. 鶏肉、しめじ、えりんぎを加えて20~30分煮込む
  7. カレー粉大さじ1/2を加えて混ぜ、ひと煮立ちして火を止める
  8. 一晩おいて、温め直して塩砂糖で味を調整する

(*1)玉ねぎは、いつも飴色玉ねぎを使います。
時間がある時にバターとオリーブオイルで40分から50分、飴色になるまで炒め、冷凍しておきます。
飴色玉ねぎは、みじん切りと薄切りの2種類作ります。
料理によって使い分けでき便利です。

(*2)大体は自家製トマトピューレで作ります。市販品よりも甘くて味が濃厚です。
自家製が無くなってしまうと市販のトマトピューレで作ります。
その場合は、砂糖で味を調整しています。

(*3)ベジブロスはくず野菜を煮だした栄養豊富な出汁です。
詳細はこちらから。

この料理は「スパイス&ハーブ料理の発想と組み立て」(日沼紀子著)を参考にしています。

Visit Naturals’s profile on Pinterest.