スパイスを使って、いろいろなカレーを楽しんでいます。

チキンカレー

数年前にインド土産でチキンティッカマサラというミックススパイスをもらってから、スパイスへの興味が倍増し、以前にも増してスパイスを使うようになりました。

スパイスがある程度揃うと、巷にあふれているインドカレーのレシピは大抵作れます。というか、レシピにあるすべてのスパイスやハーブがそろっていなくても、それなりのものができるようになります。

スパイスの種類や量を変えて、風味の違いを楽しんだり、チキンやポーク、骨なし、骨付きなどメインの素材を変えたり、ヨーグルトを入れたり、入れなかったりと、いろいろ楽しんでいます。

スパイスカレー

骨付きチキンカレー(左) と チキンとなすのカレー(右)

スパイスでカレーを作るざっくりした手順を頭に入れておけば、よほどのことがない限り、食べられないほどの失敗はありません。

スパイスはホールとパウダーの両方を使って作ります。

カレースパイス

スタータースパイス(ホールスパイス)、パウダースパイス、香り付けスパイスと3分類して覚えると簡単です。

調理の進行に合わせて、それぞれの投入タイミングを守ってカレーを作ると、スパイシーホットな香り高いカレーが出来上がります。

スパイスカレー

よく使うスパイス(ターメリック以外はホールで購入し、必要に応じてミルで挽いています)

  • クローブ
  • シナモン
  • カルダモン
  • クミン
  • コリアンダー
  • ターメリック
  • カイエンヌペッパー
  • マスタードシード
  • ブラックペッパー

スパイスカレーのざっくり手順

  1. 最初に多めの油でスタータースパイスを炒め香りを出してから、玉ねぎを投入して色づくまで炒め、にんにく、生姜をいれてさらに炒める。
  2. パウダースパイスと塩を投入。少し炒めて粉っぽさをなくしてからトマトを投入して炒める。これがカレールーのもとと同じようなものです。
  3. 具材を入れ、水を追加して10分から30分煮込み、最後の仕上げに香り付けスパイスを入れる。

Visit Naturals’s profile on Pinterest.