沢山のスパイスを調合したカレー粉で、キーマカレーを作りました。かなりスパイシーで美味。

キーマカレーDSC_0006-(2)

市販のカレー粉も美味しいですが、好みのスパイスを加減できる自家製は満足感がひときわ高いです。

スパイスの種類や分量は本を参考に、家にあるものを代用しながら作ります。マスクをつけ、換気扇を回しながら作らないと、危険な感じがします(笑)

別な自家製のカレー粉レシピで作るスパイシーカレーとは違う風味で、これもまたお気に入りのカレー粉です。

味付けのベースとなる玉ねぎやトマトなど、菜園で収穫して、炒めたり、煮たりして冷凍保存しておいたものを使います。

スープも野菜くずを煮だしたベジブロスを使います。これだけで、滋味豊かな味わいになります。

スパイシーカレー同様、菜園のエキスがたっぷり詰まったカレーです。

一晩寝かせると、全体が調和していい感じの味になります。

カレー粉 レシピ(粉末にしたスパイスを混ぜるだけです)

  • クミン      8g
  • ジンジャー    6g
  • コリアンダー   6g
  • 赤唐辛子     5g
  • ターメリック   3g
  • 黒コショウ    3g
  • シナモン     2g
  • クローブ     2g
  • オールスパイス  2g
  • ローリエ     1g
  • カルダモン    1g
  • パプリカ     1g
  • オレガノ     1g
  • ナツメグ     1g

キーマカレー レシピ

材料

  • 豚、または牛挽き肉  500g(*1)
  • 玉ねぎ        2個(*2)
  • グリーンピース    1カップ
  • にんにく       2片
  • 生姜         1片
  • トマトピューレ    大さじ3(*3)
  • カレー粉       大さじ2
  • 赤唐辛子       1本
  • オリーブオイル    大さじ3
  • ベジブロス/水    1カップ(*4)
  • コンソメ       適宜
  • 塩          適宜
  • 砂糖         適宜

手順

  1. 玉ねぎはみじん切り、にんにくと生姜は摩り下ろす。
  2. フライパンにオリーブオイルをしき、二つに割った赤唐辛子を入れ、弱火で炒めて香を出す。
  3. みじん切りの玉ねぎを入れ、色が変わるまで炒める。
    この工程に作り置きの飴色玉ねぎを使うと、ぐっと時間短縮でき便利です(*2)。
  4. 肉を加えてフライパンに広げ、カレー粉を入れて焦がさないように炒める。
  5. 肉をポロポロになるまで充分に炒めたら、トマトピューレと豆を加えて全体を混ぜ合わせる。
    自家製のトマトピューレを使うと甘味が増します(*3)。
  6. ベジブロスを加える。沸騰後、弱火で20分煮る。焦げないようときどきかき混ぜながら煮る。
    ベジブロスの代わりに水とコンソメでもよい(*4)。
  7. 仕上げに、にんにくと生姜を加えて、塩と砂糖で味を調節する。

(*1) お肉は、お店で買った挽き肉ではなく、細切れ肉をフードプロセッサーやミンサーでミンチにした方が、お肉の味がして美味しいです。

(*2) 玉ねぎは、いつも飴色玉ねぎを使います。
時間がある時にバターとオリーブオイルで40分から50分、飴色になるまで炒め、冷凍しておきます。飴色玉ねぎは、みじん切りと薄切りの2種類作ります。料理によって使い分けでき便利です。

(*3)大体は自家製トマトピューレで作ります。市販品よりも甘くて味が濃厚です。
自家製が無くなってしまうと市販のトマトピューレで作ります。その場合は、砂糖で味を調整しています。

(*4)ベジブロスはくず野菜を煮だした栄養豊富な出汁です。
詳細はこちらから。

カレー粉は「スパイス&ハーブ料理の発想と組み立て」(日沼紀子著)を参考にしています。

Visit Naturals’s profile on Pinterest.